2015年10月29日木曜日

2015/11/28 第4回関東労災病院病院祭

【先着順!病院見学ツアー申込〆切は11/13まで!】
武蔵小杉エリア開催イベント

その存在は知れ渡れど意外と謎の多い場所、病院。通院していても、受付と診察室くらいしか見たことがないなぁ、という方も多いと思いますが、普段はあまり見る機会のない病院の屋上ヘリポートや手術室などを見学できる「病院見学ツアー(40分)」など、盛りだくさんの企画満載の「関東労災病院 第4回病院祭」が11月28日(土)に開催されます(最寄駅:東急東横線/元住吉駅徒歩7分または武蔵小杉駅徒歩12分)。

人気の「病院見学ツアー」はすでに満席の回も出ているそう。事前申込期限は11月13日(金)までですが、先着順となりますので興味のある方はお早めにお申し込みを!

昨年の病院祭や病院見学ツアーの様子については、定番の武蔵小杉ライフさんレポートが詳細に伝えてらっしゃいますので、ぜひご参照ください。

武蔵小杉ライフさんの別レポートにもありますが、京浜重化学工業地帯における労働災害対策と地域医療の充実を図ることを目的として設立された本病院。
武蔵小杉エリアのランドマークとなるスポットには、実は歴史を紐解くと学校の教科書で習った!という内容にたどり着くものも多かったりします。

「知っているようで知らない」スポット探検。子ども以上に、オトナだからこその「へーっ!」が思わず出てしまうこともしばしば。そんなオトナの「へーっ!」こそが子どもたちの好奇心をかきたてます。それこそがKTSの目指す親子旅育の醍醐味!

ためしてガッテンよりも詳しい認知症の最前線やレントゲンには何が写っているの?も知ることができる本イベント。オトナも知的好奇心を広げて、旅育しましょう♪

イベント詳細や病院見学ツアー申込方法については、リンク先よりご確認ください。
author:ミー
 

2015年10月27日火曜日

2015/11/7 一夜限りの「京急ジャズトレイン feat.かわさきジャズ2015」@京急大師線

かわさきジャズからまた素敵な企画が登場しました!昨年、京急川崎駅ホームに留置した特別電車内で、豪華アーティストによるスペシャルライブ「ジャズステーションin京急川崎」を開催した京急(KEIKYU)とコラボし、今年はついに、運行中の電車内ライブが実現!大師線を駆け抜ける「京急ジャズトレイン」が出発進行します!

運行区間は大師線の京急川崎-小島新田間。ジャズトレインは7日(土)の16時から18時半までの三部入れ替え制。各回三十分で当該路線を往復します。海外でも活躍する日本人男女のジャズユニット「Fried Pride」、人気と実力を兼ね備えたサックス奏者の本田雅人さん、フリージャズをベースにした大編成バンド「渋さ知らズ」の三組が登場します。

車内販売されるビールやワイン、ソフトドリンクを片手に、電車にゆられながら、ジャズのリズムに酔いしれるなんて最高ですね!ジャズLIVEに行きたいけど子連れだとちょっと…という方も、ジャズトレインならむしろ親子で楽しめる絶好の機会!

参加費は運賃の320円のみ!定員は、三部計で86組172人です。応募はリンク先のページから。29日の17時が〆切です。

また、かわさきジャズ開催期間中には、「かわさきジャズ2015」を応援する特別ヘッドマークを付けたラッピング電車「Kawasaki Autumn号」も運行しますよ。かわさきジャズ仕様、必見です。

イベント詳細、申込はリンク先よりご確認ください。
author:ミー

2015年10月21日水曜日

2015/10/24 絵本で世界を旅しよう@Shonan T-SITE / 湘南T-SITE

湘南蔦屋書店児童書と
食とものづくりスタジオ FERMENTのコラボ企画「絵本で世界を旅しよう」の記念すべき第1回目が10月24日(土)の14時から湘南T-siteにて開催!子どもたちが自らつくったチェコの定番おやつを食べながら、チェコアニメも見ることができますよ♪(最寄駅:小田急江ノ島線/本鵠沼駅から徒歩15分)

毎月ひとつの国をテーマに、その国を代表する絵本と「つくる」をとりあげる本企画。記念すべき第1回は、東ヨーロッパのチェコ共和国。
世界屈指の絵本大国チェコ。美しい装丁やグラフィカルな構成は、親の方がむしろ魅了されてしまうことも多いとか。

かつては共産主義国だったチェコでは、表現の自由が制限される中、唯一表現の自由を許されたのが、子ども向けの作品だったそう。作家たちの持てる才能と技術を惜しみなく、子ども向けアニメーションの制作に注ぎ込めたことが、今日の知る人ぞ知るアニメ大国チェコを築きあげたと言われています。

そんなチェコの定番おやつは、フルーツダンプリング(チェコ語で、オボツネー・クネドリーキ)。ベリーの実などを入れてつくる、“フルーツ入りおだんご”です。小麦粉やチーズを混ぜた生地をのばして、フルーツを包んで、お湯で茹でてできあがり。
おうちでも簡単につくれるこのおやつを子どもたちだけでつくります。その間、オトナは湘南t-siteでオトナ時間♪KTSもオススメしている旅先の親子分離も体験できるイベントなのです!
そして、いただきますは親子一緒に。手づくりおやつと一緒に、チェコ絵本、チェコアニメを楽しみましょう!

参加費は1500円。定員は12名で、1人で参加できる年齢から参加ができます。
今後は、11月にスイス「ハイジのラクレットとミルクスープ」、12月にドイツ「ヘンゼルとグレーテルのお菓子のおうち」が予定されています。どちらも魅力的ですね♪
1月はスウェーデン、2月はロシア、3月はゴールのイギリス!6カ国制覇すると素敵なことがおこるかも?!

イベント詳細、申し込みはリンク先よりご確認ください。
author:ミー

2015年10月19日月曜日

2015/10/24〜25 青山パン祭り vol.7ー秋の収穫祭ー@国連大学前広場

【パン好きによるパン好きのための本!「CRAFT BAKERIES」出版に向けて
クラウドファンディング挑戦中!】
 
全国のおいしいパンが集まる人気イベント「青山パン祭り」が、10月24日(土)、25日(日)の2日間、青山の国連大学前広場にて開催!2013年のスタート以来、7回目となる今回のテーマは「秋の収穫祭」。イモ、栗、カボチャなど秋らしい食材をいかしたこだわりのパンがあなたをお待ちしております!(最寄駅:JR各線/渋谷駅から徒歩10分または東京メトロ銀座線•半蔵門線•千代田線/表参道駅から徒歩5分)

青山パン祭りでは恒例のコラボ企画、事前予約制•各日限定30食の「限定パンセット」(4500円)の今回のテーマは「東京モーニング」!朝の食卓を少しだけ豊かに、楽しくしてくれる3店詰め合わせ。代官山のクロワッサン人気店「ガーデンハウス クラフツ」、パリのプチホテルのような雰囲気の「カタネベーカリー」、天然酵母の田舎パンが有名な「タルイベーカリー」というラインナップです。予約受付は間も無く開始とのこと。開始が待ち遠しいですね。

そしてこのイベントを企画主催するメンバーが中心となって結成された「BREAD LAB」さんが現在挑戦されているのが、パン好きによるパン好きのための本「CRAFT BAKERIES」出版費用のクラウドファンディング!

単なる美味しいパン屋さんの情報本ではなく、本書では、パンに探究心と愛情を持ち、丁寧に作りあげる良心的なパン屋さんを「クラフトベーカリー」と名付け、私たちに届けられるパンが、どんな人が、どんな工房で、どんな思いや素材・製法へのこだわりを持って作っているのかを知ることができます。思わずその「つくり手」さんに、その「こだわりのパン」に出会う旅に出かけたくなる「旅リオ本」。

また、世界のパン事情や「発酵」の不思議へのフォーカス、小麦や酵母といった素材がどのように味を左右するのかなど、パン屋さんや、パン好きの方の意見を広く集め、反映したトピックスも掲載されるそう。

クラウドファンディンのリターンも豊富!パン好きの必読書となりそうな本書。支援は11月16日まで受付中とのこと。クラウドファンディング詳細については、リンク先よりご確認ください。
author:ミー

2015年10月17日土曜日

2015/10/17〜18 世界遺産五箇所がやってくる@日本民家園

1960年代に五箇山から合掌造り家屋3棟が移築された「川崎市立日本民家園」。折に触れ、五箇山の文化・生活様式やこきりこや麦屋節などの民謡、かやぶき職人による合掌造り家屋の解説を行っていますが、本日10月17日(土)はなんと!無料開園デー!!同日には生田緑地で第38回多摩区民祭も開催され、楽しさ倍増のお出かけになりそうです(最寄駅:小田急線/向ヶ丘遊園駅から徒歩13分)。

南砺市五箇山は、今年で世界遺産登録20周年。冬の険しい山間部の大雪に長い年月に渡って耐え、養蚕するために工夫された特別な特徴を持っている建造物であること、集落の自然景観が素晴らしいことが評価され、世界遺産の中の文化遺産として登録されました。

急勾配の大きな茅葺き屋根が特徴ですが、その形が掌を合わせたように見えることから合掌造りと呼ばれるようになりました。雪深い地域における屋根の雪下ろしを楽にするための工夫でもあります。

地元五箇山では3月頃にライトアップイベントが行われ、雪化粧のなかに浮かび上がる集落の美しさに魅了される方も多いそう。私も訪れたことがありますが、なんとも幻想的な雰囲気は北国出身の私でさえ思わずうっとり。
日本における冬の景色の表情は本当に豊か!雪質の違いが暮らしの知恵に違いをもたらし、広がる景色を多様なものにしてくれていることを感じる旅でした。

今回の民家園のイベントでは、五箇山豆腐、イワナの塩焼き、ドジョウの蒲焼などの郷土料理や山菜などの販売も行われます。民家園で世界遺産五箇山について学んだ後は、ぜひ本場へも足を運んでみてくださいね。

author:ミー

2015年10月16日金曜日

11月29日(日)10:00-12:00 世界のクリスマスをフラッグガーランドで表現しよう

【速報】11月29日(日)10:00-12:00 クリスマス企画やります!!

第4回親子旅育推進部:「世界のクリスマスをフラッグガーランドで表現しよう」

 
武蔵小杉の新たなコミュニティスペース「COSUGI COBO」にて開催します。

世界のクリスマスについて話を聞いて話して、
そこからインスピレーションを得て布選びをした上で、
クリスマスに向けて部屋を彩る「フラッグガーランド作り」を一緒に楽しみましょう。

※フラッグガーランドとは、連なった三角形の旗のことです。

とびっきりのゲストと沢山の布を用意してお待ちしております。
今すぐに手帳の11/29の欄に「OTSイベント」と記載して、続報をお待ち下さい^^


2015年10月14日水曜日

2015/10/19〜25 上士幌町week@渋谷

食を楽しむ人と、生産加工者や自治体などの食を生み出す人と、料理人や飲食店など食をつくる人をつなげるプラットフォームとして活動されてAND THE KITCHENENさん。食を通じた地域活性化のお手伝いにも取り組まれていますが、10月19日(月)〜25日(日)に第1弾地域サポート企画である北海道上士幌町協賛による「上士幌week」を開催!

24日(土)17時〜のフードイベントでは、こだわりの国産サフォーク種仔羊を使ったメニューをはじめ、今しか食べられない上士幌の味覚を堪能できますよ(最寄駅:JR各線/渋谷駅)。

平日は期間限定のランチボックスの販売、木曜・金曜の夜開かれるカフェでは同町のアンテナショップで札幌市にある「Cafe&Bar haru」から提供されたレシピによるスペシャルメニューが登場!週末には上士幌の特産品盛りだくさんのマルシェも開催されるそうです。

なかでも注目は、24日(土)に開催のフードイベント!北海道の広大な自然が育む新鮮な食材を食づくりのスペシャリストたちが特別に調理します。40名限定事前申込制です。
お申し込みはこちら→ https://ssl.form-mailer.jp/fms/ee85007b314207

ところで、皆さん上士幌町、御存知ですか?

上士幌町は、北海道十勝地方の北部、日本一広い国立公園である大雪山国立公園の東山麓に位置しています。人口は約5000人、牛の数は3万頭以上といわれる酪農のまち。この強みを生かした美味しい和牛を武器に、ふるさと納税では、なんと!10億円もの寄付金を集めました。
1974年に日本初の熱気球イベントが開かれ、冬に行われるバルーンミーティングが有名です。白銀に彩られた大地に広がる色とりどりのバルーン群という、上士幌町ならではの景観はまさに圧巻です。

また体験型ツーリズムにも力を入れており、冬の十勝ジビエツアーやファミリーを対象にした「とよおか林間学校」など、北海道ならでは、を体験できるツアーを企画実施しています。
上士幌への旅のきっかけづくりになりそうな本イベント。フードイベントは限定40名!参加費は3000円で、フード•ドリンク付きです。売切れ必至なので興味のある方は早めの応募を!

詳しくはリンク先よりご確認ください。
author:ミー

2015年10月10日土曜日

2015/10/14〜22 武蔵小杉カレーフェスティバルスタンプラリー

 
我らが武蔵小杉、カレー激戦区なのはご存知でしょうか?アド街で紹介されKOSUGI CURRY」さん、もやもやさまぁ〜ずで紹介されタイレストラン コピーピー 溝の口店&小杉店ピー」さん、神田カレーグランプリ2014でグランプリに輝い100時間カレーB&R&R」さん、私のインド人同僚も納得のマドラスミールスルス」さんなどなど、多方面から注目を浴びる個性的な店舗に加え、タイカレー、インドカレー、さらには「syukul 武蔵小杉店」さん提供のスープカレーまで、堪能できる味の幅も広い!

そんな武蔵小杉•新丸子•向河原の11店舗が参加する武蔵小杉カレーフェスティバルバルスタンプラリー」。すでにガイドブックは配布が開始され、商店街・グランツリー武蔵小杉・武蔵小杉東急スクエア・ららテラス武蔵小杉などの商業施設や、東急東横線沿線の各駅(横浜駅を除く)でも順次配布となります。

ガイドブックは反対側から読むと「コスギおいしい街歩きブック」となっていて、商店街の粋な居酒屋もグランツリーやららテラス内の店舗も掲載されており、この一冊で「おいしく」武蔵小杉を巡ることができます。ガイドブック特典があるのもさらに「おいしい」ですね!

そしコスギフェスタ2015前夜祭となる10月23日(金)にはカレーEXPOを開催!タワレコ秋まつりミュージックフェスタinコアパークとの連動企画!川崎にゆかりのある6組のアーティストのLIVEを、武蔵小杉周辺のカレー店とキリンの生ビール専用ドラフトカーからつがれた工場直送鮮度抜群の生ビールとともに楽しみましょう!
詳細や最新情報は武蔵小杉カレーフェスティバルのFacebookにて随時発信中!ぜひフォローを!!

神田、下北沢にも負けない地元•武蔵小杉のホットなイベント!スタンプラリー期間中はより多くのお店をまわれるようにハーフサイズメニューの提供があります。子供のカレーは甘口!なんて決めつけないで、親子で世界のいろんな辛さにトライする旅に出かけてみませんか。カレー効果で心も体も元気になると思いますよ!

author:ミー

2015年10月5日月曜日

2015/10/12 ピープルデザインストリート@神宮前

神宮前の商店街が特別楽しい歩行者天国に変身!!路上に自由にらくがきしたり、親子でお面作りしてみたり、ブラインドサッカーを体験してみたり。

「心のバリアフリー」を目指して活動されているNPO法人ピープルデザイン研究所/ people design instituteさんによる「ピープルデザインストリート vol.3」が10月12日(月•祝)に、神宮前二丁目商店街にて開催されます(最寄駅:東京メトロ副都心線/明治神宮前駅徒歩約10分)。

年齢、性別、国籍やハンディキャップの有無に関わらず、訪れたすべての人が楽しめるお祭りである本イベント。
例えば、手の力だけで走るハンドバイクの試乗体験。聞きなれないと思った方も、その形を見ると、見たことがある!と思う方もいると思います。足は前方に伸ばして置いておくだけで運転に使用せず、ハンドルをつかんでいる手を「グルグル」と動かすことで前進します。この姿勢を取ることで一般的な自転車より重心が下がり安定した走行が可能になると言われています。

「心のバリア」の原因は無知とは、代表の須藤さんの言葉。2014年11月に東京・渋谷のヒカリエで開催された「2020年、渋谷。超福祉の日常を体験しよう展」(超福祉展)では、SFで描かれるような「かっこいい」デザインや、健常者以上に動ける「ヤバイ」機能を持った車いすなどの福祉機器を紹介。車いすはハンディキャップを持った方だけのもの、という意識のバリアを取り払い、ハンディを可能性に変えて、みんなが当たり前のように混ざり合っている近未来の社会の姿を予感させる展示が行われました。

ひとつの体験から興味関心が広がり、知ることで意識が変わっていく。KTSでは、このきっかけとなる体験を「旅」と捉えています。そして、自身の体験を仲間とシェアすることで新たな興味関心、新たな旅立ちへのきっかけづくりとなればと思っています。

KTSの考える「旅」は、「家から一歩外に出た非日常」。なので、こうしたイベントに出かけることも「旅」と考えています。ぜひこちらへ足を運び、思う存分楽しんで、心に残った体験をご家族やご友人とシェアしてみてください。きっとそこにあなたの「旅立ちスイッチ」が隠れていると思いますよ!

イベント詳細についてはリンク先よりご確認ください。
author:ミー

2015年10月3日土曜日

2015/10/3、10、17 秋の夜長にダークスカイ•トーク@東洋大学

2015年は国連が定めた「光と光技術の国際年」。太陽や星の光、照明などの人工の光、あるいはインターネットで情報をつくる光など、光は様々なかたちで私たちの生活を支えています。

一方、光があれば闇がある。ダイアログ・イン・ザ・ダーク東京さんで行われているイベントのように、暗闇だからこそ研ぎ澄まされる感覚、コミュニケーションのあたたかさの実感など、闇の効用についても昨今関心が高まっています。

秋の夜長に3夜にわたって「星」「闇」「光」の専門家が、美しい夜空を守る価値や自然界における暗闇の大切さ、環境と調和した照明の使い方などについて講演・対談を行う「ダークスカイ・トーク」が10月3日・18日、11月7日の3回にわたり、東洋大学白山キャンパスにて開催されます(最寄駅:都営三田線/白山駅から徒歩5分)。

先月、「行ける!工場夜景展」のご紹介をしましたが、第3回の「光」がテーマの会では、照明デザイナーの面出薫さんと芝浦工業大学システム理工学部教授の中野恒明さんによる対談「2050年の夜景を考える」を実施。面出薫さんを団長に結成された「照明探偵団 Lighting Detectives」は、街のあかりを観察・調査し、照明や夜景の美しさを紹介すると同時に、光害についての問題提起も行っています。

光があれば闇がある。光の功罪を両面から知ることで、より深い「観光」に誘われること間違いなしの本イベント。

各日ともに17時開場、17時30分開演。10月3日のみ天体観望会が予定されており、こちらは19時40分から。入場は無料ですが、事前にホームページからの参加申し込みが必要です。
詳しくはリンク先よりご確認ください。
http://idatokyo.org/talk2015/annai.html
author:ミー

2015年10月2日金曜日

2015/10/2〜3 博物館で野外シネマ

今週火曜日の投稿でご紹介した東京国立博物館。1872年、日本最古のミュージアムとして設立され、宮沢賢治が足しげく通い、心から愛した場所として彼の短歌や手紙に残されていることはご存知でしょうか。

その宮沢賢治の代表作「銀河鉄道の夜」が、今年で2回目を迎える東京国立博物館「博物館で野外シネマ」に登場です。本日10月2日からの二日間、移動映画館キノ・イグルーさんとの共催で、19時から本館前にて上映されます(最寄駅:JR各線/上野駅または鶯谷駅)。

今回上映されるのは、杉井ギサブロー監督の「銀河鉄道の夜」。宮沢賢治の原作小説をますむらひろしさんの猫のキャラクターを元にアニメーション映画化した作品です。

「第66回 こすぎナイトキャンパスin紀伊國屋書店〜新潮文庫の100冊を読もう!」参加時にも紹介しましたが、実はこの映画、私の旅の原点でもあります。当時小学生だった私は、星々を巡る旅の美しさ、切なさに触れ、宮沢賢治の世界をもっと知りたいと思い、人生で初めて自分の親に「自分から行きたい!」と小岩井農場への旅行を懇願したのでした。いわば私の人生初の「旅立ちスイッチ」がこの映画だったのです。

宮沢賢治と所縁の深い場所で宮沢作品を見る。芸術の秋ならではの楽しみ方ではないでしょうか。また当日は22時まで開館時間も延長されています。ご紹介した企画展「博物館でアジアの旅」や特別展「アート オブ ブルガリ  130年にわたるイタリアの美の至宝」(別途観覧料必要)も開催されています。あなたの「旅立ちスイッチ」が見つかるかもしれませんよ♪

「博物館で野外シネマ」は無料ですが、当日の入館料(一般620円、大学生410円 )が別途必要です。雨天時は会場を平成館大講堂へ変更し、定員は先着380名様となります。その場合は、当日18:00より整理券を正門プラザにて配布予定です。

イベント詳細はリンク先よりご確認ください。
author:ミー