2015年9月30日水曜日

2015/10/18 2015全日本パンフェスティバルin東京

日本全国のご当地パンが東京に集結!「2015全日本パンフェスティバル」が10月18日(日)に東京国際フォーラムB2展示ホールにて今年も開催されます(最寄駅:JR各線/有楽町駅)。

全日本パン協同組合連合会が開催する年に一度のパンの祭典。大手パン会社から全国の有名パン屋さんまで、華麗なるパンの競演を楽しむことができます。

当日は、購入したパンについている「人気投票用シール」をボードに貼り付けて投票が行えます。

今ではすっかり有名になった「よこすか海軍カレーパン」は本イベント第一回優勝のカフェ・ド・クルーさんの発案。地元横須賀の海軍カレーでのまちおこしに一役かっています。

第一回準優勝の高岡製パンさんの「ネギパン」は熊本からの出展。ネギパンが作られたのは20数年前のこと。当時、全寮制の男子校だった熊本マリスト学園の学生が、「ネギ嫌いの友だちにネギが入っていると気付かれないようなパンを作ってほしい」とオーダーしたことがきっかけでつくられた、という誕生秘話に加え、原料の小麦、葉ねぎ、熊本県内で加工したかつお節を使った自家製ソースなど、「熊本県産」にこだわったユニークなご当地パンです。

このようにご当地パンには美味しいだけでなく、新たな旅に出たくなるような素敵なエピソードが満載!ぜひあなたのお気に入りのご当地パンとの出逢いを探しに足を運んでみてくださいね。

また、「親子パン作り体験コーナー」も開催され、抽選の結果、当選された方は、ご家族揃って当日参加が可能です。こちらは10月2日(金)が応募〆切、往復ハガキでお申し込みください(当日消印有効)。定員は各回40組=計120組(1家族1組)。先着順なので気になる方はいますぐご応募を!

イベント詳細、「親子パンづくり体験コーナー」応募方法など、リンク先よりご確認ください。
author:ミー

2015年9月29日火曜日

2015/9/29〜10/12 博物館でアジアの旅@東京国立博物館

「交流」をテーマに、優れた東洋美術のコレクション展示に加え、研究員によるツアー形式のギャラリートークや伝統芸能の公演、伝統衣装の体験など、さまざまなアジア関連のイベントが盛りだくさんの企画展「博物館でアジアの旅」が、明日9月29日(火)〜10月12日(月•祝)、東京国立博物館にて開催されます。

「交流」「旅」がテーマの本イベント。KTSが注目したのは「セブンワンダーツアー〜添乗員はトーハク研究員」。7人の東京国立博物館研究員が「交流」をキーワードに60分間のアジアツアーをご案内。いくつかの展示室を旅しながら作品の解説を聞くツアー形式のギャラリートークです。予約は不要、参加費無料(入館料/一般620円、大学生410円は別途必要。18歳以下は年齢確認できるものがあれば無料)。当日開始時間までに東洋館一階エントランスホールへ集合!時空と文化を超えたミュージアムトリップをより深く堪能しましょう♪

また、韓国•キルギス•中国の伝統芸能の公演も見逃せません。10月6日(火)に開催されるキルギスの伝統楽器コムズの調べは必見!コムズは、ギターのような普通の弾き方だけでなく、楽器を頭の上に持ち上げたり、逆さまにしたり、縦にしたり、ついには、隣の人の楽器を弾いたり、と豊かなパフォーマンスも特徴的。なお、キルギスでは楽器すべてをコムズというそう。主に演奏されるのはギターのような弦楽器コムズですが、木製口琴ジガチ・オーズ・コムズはアイヌ民族の竹口琴ムックリと形状がそっくりなんですよ。

さらに開催期間中は、アジアンフードのケータリングカーも登場!博物館なのにご当地グルメが味わえちゃいます。芸術の秋、食欲の秋!東洋美術、音楽、食文化と多様なアプローチでアジアの魅力と「交流」してみませんか。

セブンワンダーツアー、伝統楽器の公演の開催日時およびイベント詳細についてはリンク先よりご確認ください。
author:ミー

2015年9月26日土曜日

2015/9/26〜27 ツーリズムEXPOジャパン 2015@東京ビッグサイト

画像 http://t-expo.jp/ より
旅行好きなら絶対に外せない・なかなか旅に行くことが出来ない方にも旅の醍醐味を味わって頂ける2日間!

ビッグサイトならではの世界最大級の会場では、国内47都道府県・海外は140以上の国と地域から1500以上のブースが集結。
官公庁、都道府県、各国政府観光局、観光協会、航空、鉄道、旅行会社、ホテル、テーマパークなどの様々な企業、団体が一堂に集結しており、最新の旅行情報を得ることが出来るチャンスです!
各ブースでは観光情報提供以外にも試食やミニプレゼントをはじめとしたその土地ならではの名産やお話やイベントに触れることが出来ます。

また、3つのステージでは2日間絶え間なくイベントが開催されています。国内国外の音楽や舞踏が盛り沢山。
タイムスケジュールはWebにて確認いただけます。

そして、お腹が空いたら同時開催されている「全国ご当地どんぶり選手権inツーリズムEXPOジャパン2015」へGo! こちらは来年1月に開催される「全国ご当地どんぶり選手会」本戦への出場権を賭けた闘いです。北海道から大分まで16種類の丼を堪能した後は、お気に入りへの一票をお忘れなく!
その他「ワールドフードコート」や「世界のグルメ銘酒博」で各国の樽生ビールやワインや日本酒をおつまみとともにお楽しみ下さい。

会場がとにかく広いので、事前にWebサイトでお目当てのブースをチェックしておくことをオススメします。
http://t-expo.jp/guide/floormap.html(フロアマップPDF)

また、お子様連れの方へのサービスとして、ファミリー休憩コーナー・ベビーカー置き場・子供用迷子カードの用意もあるので、安心してお出かけできますね。

<概要>
26日(土)展示会[一般日] 10:00~18:00
27日(日)展示会[一般日] 10:00~17:00
※9月26日(土)、27日(日)のチケット販売は、開催終了時刻の30分前に締め切ります。
場所:東京ビッグサイト東展示棟
入場料:大人:1,300円、学生:700円(いずれも税込)
※保護者同伴の小学生以下と中・高生無料(学生証提示)
詳細はリンク先よりご確認お願い致します。
http://t-expo.jp/ 
author:スー

2015年9月21日月曜日

2015/9/27(日) 第70回こすぎナイトキャンパス「トイレに関する本」を読もう! ゲスト参加者:「アントイレプランナー」白倉正子さん

※このイベントは延期となりました(9/26延期決定)新しい日程は後日お知らせいたします。
************************************************************************************************


旅には欠かせないトイレ。以前KTSでトイレをテーマにした際に、ところ変わればトイレも変わる。使い方・形状から様々な文化が垣間見えることを実感しました。そして旅に限らず日常でもお世話になり、災害時には最重要課題となるトイレについて、もっと深くでも楽しく語り合う機会を作りたいと願い、この度企画を持ち込み多くの方のご尽力により実現した企画です。第70回目の記念すべきタイミングで開催できることを嬉しく思います。

武蔵小杉の読書コミュニティ「こすぎナイトキャンパス
毎回課題図書を設定し、ファシリテーターの進行のもと様々な視点と価値観、ワクワク感を一緒に体験・共有する場です。

通常月1回、第四火曜日夜に開催されていますが、今回は日曜日お昼に設定。会場も通常とは異なり「 COSUGI CONVIVIAL PROJECT 」のご協力により、南武線武蔵小杉駅すぐのワークショップスペース「COSUGI COBO」での開催となります。

テーマはずばり「トイレ」
課題図書:「トイレに関する本」なら何でも大歓迎!
トイレの専門書から、漫画、小説の中に気になるトイレにまつわる1文があればそれでもOKです。

今回は世界的にも珍しいトイレ専門の企画会社『アントイレプランナー』を創業した、白倉正子さん(日本トイレ協会理事)もゲスト参加!
TV「マツコの知らない世界」〜マツコの知らないトイレの世界〜にも出演される程、トイレに関する引き出しが膨大な方です。

トイレに関する疑問・提案も直接出来るチャンスですよ。
お待ちしております。

日時:2015/9/27(日)10:00-12:00
場所:COSUGI COBO(川崎市中原区小杉町1-403-53 NEC小杉ビル1階)
持ち物:課題図書「トイレに関する本」
参加費:無料
※先着15名での開催となります。リンク先よりお申し込み下さい。
リンク先には白倉さんがおすすめするトイレ本リストも掲載されています。参加されない方もどうぞご覧ください。

author:スー

2015年9月18日金曜日

2015/9/18〜20 ベトナムフェスタin神奈川2015@日本大通り

神奈川県初開催!ベトナム関連のイベントとしては国内最大級の規模となる「ベトナムフェスタ in 神奈川」が、日本大通り•神奈川県庁本庁舎などを会場に、9月18日(金)〜20日(日)にて開催されます(最寄駅:みなとみらい線/日本大通り駅、県庁口出口より徒歩すぐ)。

ベトナムと神奈川県で生産された花を約1万本使った花の絨毯(インフィオラータ)や19日夜には「ベトナムランタンナイト」を開催。ベトナムクアンナム省の世界遺産都市であるホイアンで、満月の夜に行われるランタン祭りを再現。クアンナム省から寄贈された2000個のランタンの灯りで県庁周辺を照らします。

「文化交流プログラム」は、ベトナムグッズ作りやベトナムの伝統的な遊び「バンブーダンス」、伝統楽器「トルン」(ベトナム竹琴)などを体験できたり、ベトナムサンドウィッチ「バインミー」やフォー、ベトナムコーヒーなどの料理が振る舞われます。

トルンはベトナム中部高原タイグエンで生まれた竹の打楽器。元は数本の竹筒が縄梯子状に吊るされた小さな楽器で、タイグエンに住む少数民族の間でのみ演奏されていました。現地ベトナムでもトルンという楽器は知っていても、実際に演奏を聴いたことがある人は稀だったとか。1970年代に改良研究がなされ演奏の幅が広がり、一部の地域の少数民族の楽器からベトナムの伝統楽器として認知されるようになりました。

竹でできているため、温度や湿度、演奏会場の環境によって音色や響きがかなり左右されます。日本では四季折々の気候の変化で竹が割れることもあり、やはりふるさとの高温多湿な環境のときの音色が一番美しいのだとか。その時その場でしか聴けない一期一会の音色を聴きにぜひ足を運んでください。

本イベントの今回のテーマは「越 Beyond the NEXT! ベトナムを、もっと身近に。その次の未来のために」。
ベトナムの漢字表記である「越南」と「超える」をかけて、さらなる交流と発展に寄与していく願いが込められています。ベトナムからの留学生も急増するなど、さまざまな面で交流が深まる神奈川とベトナム。

先日、アレルギーっ子の旅する情報サイト~Child×Allergy×Trip~さんと共催した妄想旅行イベントにも、ベトナムからの研修生の方にご参加いただきました。

シルバーウィーク、残念ながら海外旅行に行けなかったという方、横浜でベトナム文化の風を感じてみませんか。
イベント詳細はリンク先よりご確認ください。
 author:ミー

2015年9月17日木曜日

2015/9/19-20 川崎野菜を新丸子で!「新丸子の路地裏マルシェ」


作り手さんの想いがダイレクトに伝わってくるモノたちがずらりと並ぶ、新丸子の雑貨屋さん「Common Life 毎日の暮らしを楽しく丁寧に」で「新丸子の路地裏マルシェ」が開かれます。

以前ご紹介した「農園フェス」で繋がった川崎野菜とこの路地裏のお店。「地産地消」と「野菜のあるステキな生活」を提案したい!との思いからマルシェを企画されました。

川崎野菜を選んで、その野菜にぴったりなお皿を選んで、、、と想像力が掻き立てられるひとときとなりそう。
この企画を話してくださった時のオーナーさんのキラキラした表情が忘れられません。

お隣のカフェ「BJcafe 」もこの日、実験的にテイクアウトに挑戦されるそうです!楽しみですね。

シルバーウィークのあたま2日間の開催です。お出かけの前後(10:00-17:00OPEN)に覗いてみてみませんか?

詳細はリンク先よりご確認下さい。
author:スー

2015年9月16日水曜日

2015/9/19〜20 アフリカヘリテイジフェア@相模原

アフリカの伝統音楽、食文化、芸術、ライフスタイルなど、様々な角度からアフリカ文化とその魅力を紹介するイベント「アフリカヘリテイジフェア」が今年も開催!9月19日(土)、20日(日)の2日間、JR相模原駅近くのノヴィーニェホールにて開催されます(最寄駅:JR横浜線/相模原駅徒歩8分)。

体験型ワークショップなど子供たちが楽しみながらアフリカ文化に触れ、国際交流の体験ができるようなイベントづくりを目指しているアフリカヘリテイジコミティさん。
 アフリカ伝統の太鼓ジャンベ体験やヘアスタイル•伝統衣装体験・本場の料理教室、手作りビーズなど、生のアフリカ文化を体験できるワークショップが盛りだくさん♪

以前もKTSでご紹介しましたが、こちらのイベントは「楽しみながら社会貢献」できるイベント。
アフリカの子供たちの教育支援計画「学校をつくろうプロジェクト」及び日本の養護施設の子供達の支援プロジェクト・東日本大震災被災地の子供達の支援プロジェクトとも連動し、チャリティー活動を行っています。 ワークショップの参加費は、必要経費を除き、恵まれない環境の子供達の支援のために使われます。 

ワークショップ以外にも、定番のクスクスやアフリカ版パエリアのジョロフライスなど、本場アフリカ料理が堪能できるグルメフェアやアフリカ各国のカワイイ&珍しい雑貨・民芸品が勢ぞろいのアフリカン・バザール、クイズ&スタンプラリーやぬりえコーナーもあります。 

KTSが特に気になったのは、アフリカのすごろく「ルードゲーム」とアフリカ発祥の豆まきゲーム「オワリ」。オワリはガーナでの呼び方で、実は子供に人気のマンカラと同じような遊び。世界中で同じような遊びが様々な呼ばれ方をしています。
また、アフリカのことわざみくじもとても気になります!日本と同じようなことわざはあるのか、日本人には???となってしまうようなことわざがあるのか、たくさんひいてみたい衝動に駆られます。
日本のゲームやおみくじと似ているようでちょっと違う?!どんなところが違うのかはぜひ会場でご確認ください!
また、今年は午後6時以降は本場のアフリカのDJが来て、いまアフリカで流行っているアゾント・ダンスで盛り上がるそう♪小さなお子様から大人の方まで、楽しめるイベントです。ぜひ、ご家族やお友達と一緒に「楽しく社会貢献」してみませんか。

イベント詳細はリンク先の投稿よりご確認ください。
author:ミー

2015/10/17 (日) カレー食べ比べで差を識るこすぎ昼学ランチ会


画像:カレー食べ比べで差を識るこすぎ昼学ランチ会 Facebookイベントページより

ビールに続く第二弾は「カレーの食べ比べ」!
カレーにまつわる食べ物飲み物を持ち寄って楽しみながら差を識り、ついでに世界を!旅を!感じて頂けたら嬉しいです。
今回「こすぎトラベラーズサロン」は旅に出ており参加は出来ないのですが、コラボしている各コミュニティの代表者様は皆暖かい方々なので安心してご参加くださいね。
まだ行先も決めていない地球の何処かでご盛会を祈っております!

 カレー食べ比べで差を識るこすぎ昼学ランチ会 Facebookイベントページより引用:
食欲の秋!色んなカレーを持ち寄って、食べ比べしませんか??各国のカレーやレトルトカレーはもちろん、カレー
味のパンやお菓子でもOK! 皆さんがオススメしたいカレーにまつわる食べ物を持ち寄って、大人も子供も楽しみましょう!

イベント当日は、開催するYou+の近隣で開催される丸
子橋のインド屋台イベントやカレーやさんのスタンプラリーも開催しており、まるでカレーフェスティバル。You+では、皆さんに持ち寄ってもらったカレーやカレーに関する食べ物を、参加者目線でマッピングしますよー。また、オススメのカレー屋さんの情報も共有しましょう。

こすぎ朝学さん、こすぎごはん会さん、いつもは五反田開
催ですが、武蔵小杉エリアで出張開催となる、毎週金曜ランチ会やります!!会さんの共催で開催致します。皆さんのお気に入りの「カレー」を持って是非ご参加ください。
参加費:コワーキングスペースYou+の使用料のみ(大人1000円/3h。小学生までは無料です!)
持参するもの:オススメしたいカレーまたはカレーにまつ
わるもの。カレーに合う飲み物も大歓迎!
申込方法:Facebookイベントページの「参加する
」をクリック、またはホームページ経由(http://saosiru-prj.strikingly.com/#contact-form)でお申し込みください。

2015年9月14日月曜日

【開催報告】 「アレルギーっ子と旅をしよう」CATxKTS 妄想旅行大会

 
CAT×KTS 妄想旅行大会。今回もたくさんの素敵な妄想旅行が生まれました!

海外を巡る旅が多く聞かれたなかで、CATの主催者である愛さんからご紹介いただいたアレルギーっ子と海外旅行するプチテクニックとルクエ活用術(なんと3分で米粉ケーキができました!)は重宝すること間違いなし!!

また、旅におけるアレルギー対応に関する情報共有は、アレルギーっ子をもつ親だけではなく、もっと広く「知るべき」情報として認知される必要性も感じました。

最後には、ベトナムからの研修生の方に参加者全員で京都のおすすめスポットを紹介。メモせずにはいられないディープな情報が満載でした!!

「旅」を起点に、知識や関心の幅が広がり、これぞ旅育!を実感できるイベントとなりました。詳細なレポートは後日、アップいたします。

<イベントの様子> 












2015年9月12日土曜日

バスの日イベント「バスまつり2015 in 晴海」

9月20日はバスの日。1903(明治36)年、京都市で日本初のバスが運行されたことを記念し、1987(昭和62)年に制定されました。

このバスの日にちなみ、東京都交通局が「バスまつり2015 in 晴海」を本日、9月12日(土)10〜15時、中央区の晴海客船ターミナルを会場に開催します。東京駅八重洲口より9〜14時の間、有料シャトルバスが臨時運行しています。

都営バス以外に、小田急バス、関東バス、京王バス、京浜急行バス、東急バスも展示。バス降車ボタンの展示もあるそうで、ボタン押し放題とのこと!バスボタン好きのキッズにはたまらない展示ですね。降車ボタンの魅力に迫るトークショーも開催されます。

注目は「バスダイヤ引き講習会」。実際に引いたダイヤはその場でプレゼントしてもらえます。中学生以上が参加できますが、当日インフォメーションにて配布される整理券が必要です。1回当たり約30分、4回実施予定で、対象人数は1回当たり20名。先着順なので、気になる方は早めの来場を!

昨今人気のダイヤひき体験。旅のスケジューリングスキルや妄想旅行力があがるうえに、運行を担う仕事の重要性も認識できるため、スタディツーリズムの側面もあります。
晴天に恵まれた週末。親子でバスの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

イベント詳細はリンク先からご確認ください。
author:ミー

2015年9月11日金曜日

2015/9/19〜22出発 工場地帯から出発!工場地帯の運河をめぐる京浜運河クルーズ@川崎/小島新田

以前ご紹介しました「行ける工場夜景展」
投稿を見ただけで行きたくなった!という方のために、シルバーウィーク限定の工場夜景ツアーを本日はご紹介!!
多くの工場夜景ツアーを企画•催行されているホワイト•ベアーファミリーさん。シルバーウィーク期間中の9月19日(金) 〜22日(月)限定で、なんと!工場エリアから船が出航するプランが登場!!
発着地点となる根本造船所は半沢直樹などのドラマの撮影にも使われている有名スポット。
 通常多くの会社がセキュリティの観点から工場内への立ち入りを厳しく制限することが多いなか、実際に稼働している工場に入れる貴重なツアーです。
出航した瞬間から工場探検、ロケスポット探索ができるうえに、こちらの敷地から見る対岸の旭化成ケミカルの工場は、あたかも闇夜に浮かぶ要塞のよう。 ちなみに、こちら旭化成ケミカルズの川崎製造所では、サランラップなどの合成ゴムやアクリル樹脂を作っているそうです。
一昨日の川崎港ミニクルーズのときにもお伝えしましたが、川崎港から荷揚げされた原材料は京浜工業地帯や首都圏で加工され、私たちの生活を支えています。一方で、工場地帯ゆえに川崎についてまわったネガティブなイメージ。事業主や自治体による環境汚染防止への取り組みや対策技術が向上してもなかなかそのイメージを払拭するには至りませんでした。
そのイメージを覆すべく、2008年に川崎市が工場夜景モニターツアーを実施したところ応募が殺到。2010年から屋形船、バスでのツアーが発売されました。
2011年2月には「第1回全国工場夜景サミット IN 川崎」を開催。川崎・室蘭・四日市・北九州を含めた4大エリアで開催したこの会が、NHKや全国誌に取り上げられて話題になり、なかでも、都心に近い川崎市は、工場夜景の人気スポットとして熱い注目を集め、現在では、川崎のイメージアップに貢献しています。
工場夜景ツアーはスタディツーリズムとも呼ばれ、川崎港や京浜工業地帯が日本の産業において果たす役割や環境汚染防止への取り組みなど、産業遺産や先端技術を体験•体感できるきっかけづくりとしても重要な役割も果たしています。
親子だけではなく、ぜひ多くのオトナにこそ体験してほしいスタディツーリズム。
その第一歩として、フィルムツーリズムの要素も含む本ツアーに参加してみるのはいかがでしょうか?
出発は15時、17時、19時の1日3回。オススメはやはり夜景ですが、時間ごとにいろいろな工場の「顔」が見ることができますよ。
ツアー詳細や申込みはリンク先よりご確認ください。
author:ミー

2015年9月8日火曜日

2015/10/10 川崎みなと祭り川崎港クルーズ@東扇島

川崎の秋の恒例イベント「川崎みなと祭り」が今年も開催!10月10日(土)、11日(日)の2日間、川崎マリエンを中心とした東扇島エリアが会場となります。ただいま毎年応募殺到の川崎港ミニクルーズの申込受付中です!(最寄駅:JR各線/川崎駅よりバス利用)

川崎の海と港を、見て、体感して、食べて、楽しむ2日間。川崎市経済の一層の振興、発展を祈念し、川崎港の使命について市民の理解を深め、港に対する親近感を高めるため、昭和49年(1974年)の市制50周年記念に因んで「川崎みなと祭り」を開催し、以後、毎秋の人気イベントとして川崎市民を中心に多くの方に親しまれています。

国際貿易港である川崎港からは、主に自動車や石油製品が輸出され、外国からは主にLNGや原油、鉄鉱石、石炭等の原材料のほか、食料品・雑貨類が輸入されています。
港の中心エリアにある東扇島は陸路の交通アクセスもよく、川崎港で陸揚げされた原材料は、京浜工業地帯や首都圏で加工製品やエネルギーとして生まれ変わり、また食料品・雑貨類は身近なお店の店頭に並ぶなど市民生活を支える重要な役割を果たしています。ミニクルーズではこんなことを船内放送で説明してくれますよ。

工場夜景も素敵ですが、日本を支える川崎港や自分たちが住むまちを親子で海から眺めることで、これまで気づかなかった新たな気づきに出逢えるかもしれませんよ。夏休み終わったばかりですが、来年の自由研究の下調べがわりにもよいかも?!

運航は10月10日(土)のみとなります。1日2回出航予定で、1回目の運航は11時出航、12時帰港予定。2回目の運航は12時30分出航で13時30分帰港予定です。
参加費用は無料。定員は各回450名。応募は往復はがきで。川崎市在住もしくは在勤、在学の方1人以上を含む、1グループ5名まで、一枚のハガキで応募可能です。9月18日(金)消印有効ですので、気になる方はいますぐ往復ハガキでお申し込みを!

応募方法の詳細はリンク先よりご確認ください。

2015年9月6日日曜日

【開催報告】第19回「こすぎトラベラーズサロン」 テーマ:『夏の旅&お出かけ プレゼン大会 2015』


【開催報告】第19回「こすぎトラベラーズサロン」 テーマ:『夏の旅&お出かけ プレゼン大会 2015』無事終了しました。


大人2人子供2人合計4名のプレゼンでしたので30分程度で終えてしまうかと思いきや、蓋を開けたら1時間半をまわっていました。人数が少ないと一見寂しい感じもしますが、質問や感想を沢山やり取りできる分、一人のプレゼンの密度が濃くなるメリットもあります。

KTSは開催告知した以上は、どんなに人数が少ないと予想されようとも会場でお待ちしておりますので、朝思い立ったらふらっといらしてくださいね。


詳しいレポートはまた後程!



2015年9月1日火曜日

JAXA×博物館 あれもこれも世界初!日本の太陽系探査@相模原市立博物館

あの「はやぶさ」帰還カプセルにまた会える!2010年6月13日にドラマチックな帰還を遂げた「はやぶさ」。2010年7月30日・31日に2日間限定で、相模原市立博物館で世界初公開された帰還カプセルですが、都合が合わなくて見ることができなかった方も多いのではないでしょうか。ヒートシールド、インスツルメントモジュール、パラシュートなど5点と小惑星「イトカワ」から持ち帰った微粒も同時に見ることができる必見の企画展「JAXA×博物館 あれもこれも世界初!日本の太陽系探査」が、同じく相模原市立博物館にて開催中です!(最寄駅:JR横浜線/淵野辺駅から徒歩約20分)

日本の太陽系探査が試み、達成してきた様々な「世界初」を、探査機模型や実物資料、解説パネル、映像資料を展示してその挑戦の歴史を紹介する本イベント。

世界で初めて小惑星の物質を持ち帰った「はやぶさ」をはじめ、月面を世界で初めてハイビジョン撮影し、謎の縦穴を発見した「かぐや」、世界初太陽光圧で加速する「宇宙ヨット」の「IKAROS」、世界初の金星の「気象衛星」であり、今年12 月に金星周回軌道への投入に再び挑む探査機「あかつき」など、世界からの注目度も高い日本の探査機。

今週末の9月6日に(日)にはJAXA(宇宙航空研究開発機構)の広報担当•大川拓也さんによる「プラネタリウム宇宙ライブショー『太陽系の秘境を訪ねる』」を開催。小学校などでの出張教室の講師を務める大川さんがプラネタリウムを使って、日本の探査機の歴史や活躍をわかりやすく解説してくださいます。

旅の根本にあるフロンティアスピリット。まだ見ぬ土地へ旅するときのワクワクドキドキは、何歳になっても変わらないもの。宇宙旅行の実現可能性もいよいよ現実味を帯びてきましたが、一足早く日本が誇る最先端技術にふれながら、親子でワクワクドキドキいっぱいの宇宙への妄想旅行をしてみませんか。

企画展の観覧は無料。大川さんによるプラネタリウムライブショーは、別途プラネタリウム観覧料(大人500円、こども200円)がかかります。  (2015/9/1訂正。相模原市立博物館からご指摘いただきました。無料だそうです!)

詳しくはリンク先よりご確認ください。
author:ミー

2015/9/6 (日) 『夏の旅&お出かけ プレゼン大会 2015』 受付中!



昨年は5歳児から60代の方まで参加された夏の恒例「世代間超え大プレゼン大会」受付中です。
 旅やお出かけを楽しいだけで終わらせるのではなく、自分の人生の一部として残ることを実感してほしい。そして人にお披露目する経験を通して、この夏の成長を大人も子供も確認して頂けたらという思いからのこの企画。お時間合う方は、夏の締めくくりにぜひいかがですか?

ぜひお気軽にご参加下さい。


申込・詳細はこちらから→ https://www.facebook.com/events/159173491083653/
kosugits@gmail.com でも受け付けております)

【日時】2015年9月6日(日)10:00-12:00


【場所】コワーキングYou+

 (川崎市中原区新丸子町769 新丸子ビル3F 新丸子徒歩0分/JR南武線武蔵小杉駅徒歩5分)


【参加費】
無料ですが、会場You+(http://you-plus.biz/)の利用料がかかります。
2時間 600円/大人・300円/子供
フリードリンクは料金に含まれています。(一部現金精算
あり)
ドリンク・フード持ち込み可(アルコールを除く)